節分はやはり自家煎り大豆で

節分はやはり自家煎り大豆で

今週の日曜日は2月3日で節分でした。

最近の節分は、恵方巻が幅をきかせてきていて、豆まきをしなくなっているという話を聞きます。

たしかに、大豆を工夫して売っても売り上げはそんなに伸ばせないでしょう。いくら大豆を豪華にしても程度は知れています。

一方、恵方巻は、カニやら何やらを盛ればいくらでも豪華に高価にできるので、恵方巻が主役になるのも仕方がないかもしれません・・・。

大豆が恵方巻に対抗するには、金箔コーティングの大豆を売るぐらいしかないのでしょうか!?

昔ながらの節分の豆まきが廃れるのはさみしいので、我が家のメインは伝統的に豆まきです。

ただ、恵方巻を排除することはナンセンスなので、後発の恵方巻は食を彩る、あくまで補助的な扱いです。

今年はサラダ巻きとエビフライ巻きと定番のアナゴ巻きの3種盛りです。

毎年同じ話で恐縮ですが、大豆はやはり国産無農薬栽培など自分で選んだ安心のもので、それを自家煎りするのがオススメです!

これなら豆の固さもコントロールできますので、市販の柔らかい大豆ではなく、歯とアゴの発育を考えて硬めに仕上げることができるわけです。

良い豆を使うと、大豆の旨みが抜群に違うので、ぜひ一度良い豆を買って、自家煎りして違いを体感してみてください!