CX-8 スタッドレスタイヤのロードノイズと突き上げがひどい

CX-8 スタッドレスタイヤのロードノイズと突き上げがひどい

CX-8の純正タイヤは、YOKOHAMAのPROXES R46(225/55R19)です。およそ3ヶ月程度乗って、 PROXES R46の色々な状況でのタイヤの感じはつかめた気がします。

そんな中、17インチICE NAVI SUV(225/65R17)のスタッドレスタイヤに変更しましたが、ロードノイズ、細かな突き上げ、段差でのきつめのダメージが気になります。

ロードノイズ

スタッドレスタイヤは構造上ロードノイズが発生しやすいとは思いますが、ICE NAVI SUVは比較的騒がしいと思います。昨年購入した、ICE NAVI7に比べるとロードノイズはきつめな印象です。

ICE NAVI SUVはロードノイズを公表しており、69.0dB[A]となっています。他のタイヤが同じ環境でロードノイズを公開していないのであまり参考にはなりませんが、およそ70dB[A]というのは、大きな声を出さないと会話が困難な騒音なので、決して静かとは言えないでしょう。

ただし、ICE NAVI SUVは価格.comで1本12,000円(12/25現在)で、このお値段でそれなりの氷上性能を発揮するようで、大変お得なタイヤだと思います。良く分からないメーカーのタイヤよりはブランドの信頼感もあり、コスパとしては良いのではないかと思います。

というわけで、ロードノイズは慣れるしかないと思います。

こまめな突き上げと段差の強めの突き上げ

ICE NAVI SUVに替えてから、CX-8純正のPROXES R46ではまったく気にならなかった突き上げが気になります。

ロードノイズはすぐに慣れそうですが、突き上げは慣れるまでに、しばらくかかりそうです。

割ときつめな突き上げなので、「ガコッ!」となることがあるので、「これは、あまりスピードは出せないな・・・。」と言う感じです。同じ道を通っているので、車体本体に起因する問題ではなく、確実にタイヤによるものです。

いくつか可能性があるかと思うので、突き上げの原因となる原因を検討してみました。

タイヤのセンターが取れていない

タイヤ交換の時に汎用タイヤだとハブ径が少し大きめなので、タイヤ装着時に少しずれてセンターが取れずに、細かな突き上げが発生するようです。

今回は協栄産業のハブリング(73/67)を全輪装着して、きっちりはまっているのを確認したので、タイヤの取付けでセンターが取れていない線もないと思います。

タイヤが新しくなじんでいない

これは個人的にはあまり関係ないと思いますが、情報があったので確認です。

既に200キロ以上乗っているので、この線はないかと思います。

タイヤの空気圧が高すぎる

CX-8純正のタイヤの推奨空気圧が250kPaですが、スタッドレスタイヤも基本的に同じ空気圧で良いようです。ガソリンスタンドで入れてもらっても、250kPa+αで入れてもらえます。

ただ、ICE NAVI SUVのサイトを見ると、氷上性能をテストした環境の空気圧が載っていますが、フロント/リア 220kPa/220kPaとなっています。空気圧はタイヤにより規定はなく、基本的に車次第だとは思いますが、おそらくICE NAVI SUVに250kPaは高すぎるのではないかと思います。

タイヤ交換したとき、多少空気が緩めだった状態でガソリンスタンドに走らせたときは、突き上げは一切ありませんでした。空気圧が高すぎることにより、タイヤがはねて突き上げにつながっている可能性があります。

しかし、220kPaだとぐにゃぐにゃなのでコーナリングがかなり厳しく、高速に乗ろうとは思えません。突き上げがどうしても気になる場合は、230kPa~240kPaあたりが妥協点でしょうか?

タイヤが軽い

タイヤに詳しい同僚に確認するとタイヤの軽さも関係あるようです。タイヤが軽い分、タイヤが飛び跳ねて突き上げにつながるようです。

買ってしまった後なので、こればかりはどうしようもありません。でも、軽いと運ぶときに大変楽です。

何となく結論

ICE NAVI SUV(225/65R17)は、CX-8にあまり向いていないような気がします。

ただ、ICE NAVI SUV(225/65R17)はコスパ的にベストな選択肢だと思いますので、安めに上げたい人には最高に良いタイヤだと思います。

とりあえず、空気圧を230kPa~240kPaぐらいに落として、無意味な超加速や激しいコーナリングをせず、ごく普通に運転していれば何ら問題はないかと思います。