キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた おススメ周辺機材編

キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた おススメ周辺機材編

キャノン EOS kiss x7 と一緒に買って良かったと思う付属品

前回 キャノン EOS kiss x7 を購入してセッティングまで行いました。

キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた カメラセットアップ編

キャノン EOS kiss x7 本体とレンズがあれば写真が撮れますが、これはあった方がよいというものをご紹介します(カメラの神の情報を元に)。

まだ、キャノン EOS kiss x7 を開封して日が浅い初心者ですが、何となく必要そうなものだと直感で認識しました。

レンズフィルター

レンズの先っぽに取り付けるものです。

レンズの上に装着するのでレンズをさらに保護できるようです。石が当たっても壊れることがないような代物だそうで、レンズの保護につながります。

これを付けていればキャップを付けなくてもいいそうで、キャップをはめたり、外したりの手間から解放されるようです。

でもキャップを付けないとほこりの多い家では手入れが大変なので、寝る前にキャップをしています。

魚も布をかぶせてあげると寝るそうなので、キャノン EOS kiss x7 もよく眠れるようにカバーをしてあげましょう・・・∑(゜д゜υ)

液晶保護フィルム

液晶に傷や指紋が付きやすいので保護するシートです。スマホにつける感覚と同じですね。

できればブルーライトカットのものがよいですが、スマホほど見るものではないので、安いもので良いと思います。

液晶によく触ってしまうので、めっちゃ指紋がつきます(´・ω・`)

キャノン EOS kiss x7 の画面はタッチ対応なので、撮った写真を確認するときにフリックで前後できるので大変便利です。

傷だらけになる前に買って貼りましょう!

フード

まず、フードがないとなんか物足りない感じがします。これは ソニーα NEX3 のときから、薄々感じていました。

フードを付けると印象が変わります。なんかプロっぽくなります。

見た目以外にも、日差しを避けたりフレアというものが出ないようにできるそうです。フレアとか何なのか正直分かりませんが、追々理解していこうと思います(;´・ω・)

他の人の キャノン EOS kiss x7 よりもかっこよくなりました(笑)

おそうじセット

ほこりをシュポシュポするエアブラシはやっぱりいるかと思います。

あとブラシがあるととても便利です。

とりあえず、あまりお金をかけなくても高評価の千円台の機能的なおそうじセットがいくつかありました。

シュポシュポエアブラシもレビュー通り風力はなかなかのものです。

あと、カメラのバックやらカメラを保管するクリアケース、除湿剤など欲しくなりますが、売却予定の キャノン EOS kiss x7 なので(おい汗)それなりの保管で乗り切ろうかと思います(笑)