オシャレ紙パックを最後の1滴まで飲み切る裏ワザ

オシャレ紙パックを最後の1滴まで飲み切る裏ワザ

最近の紙パック飲料おしゃれだけど・・・

最近、ちょっと豪華な見た目の紙パック飲料が増えました。飲み口が樹脂製になっているテトラパックの紙パック飲料です。

テトラパック社のドリームキャップというらしいです。夢いっぱいですね!

さて、この紙パック飲料、とてもオシャレなのですが、今までのようにストローではないので、最後までの見切ることが困難です。どうしても最後に残ってしまいます。

イメージとしては、缶飲料のつぶつぶの果肉入りのオレンジジュースが飲み切れない感じ・・・。

伝わらない方のためにもう一つ

缶飲料のコーンポタージュのコーンが全部飲み切れない、あのもどかしい状態・・・。

早急にメーカー様に改良版を出してもらわないといけないと思いますが、そんなのは当分先になりそうなので、取り急ぎ、きれいに飲み切る方法を記載します。

オシャレ紙パックを飲み切る方法(簡易版)

まずは簡易版。

オシャレ紙パックを捨てるときは、当然つぶして捨てているかと思います(ですよね?)。これまで通り、すべての辺をつぶして平べったくします。

で、キャップのついている方を下にして、サイドを折り曲げるようにすると液がキャップ付近にあるまるので、楽器の笙(しょう)のように構えて、あとは吸うだけです!

これでほとんど飲み切ることができます。「こんなに残ってるの!?」と言うぐらい飲めます。

オシャレ紙パックを飲み切る方法(完全版)

簡易版でもほとんど飲み切れますが、貧乏性な方エコな方はこちらをお勧めします。

簡易版と同じように平べったくします。次にキャップを取り除きますが、このキャップかなり密着しているので力がいります。そして、裏側がギザギザになっているので怪我をしないように気を付けてください。

私は、このエコ活動のために何度か血を流しました。エコな生活をするためには、多少の流血は避けられませんが、可能な限り怪我のないように頑張りましょう。

さぁ、あとはキャップの外れた飲み口を下側にして、心行くまで吸い尽くすだけです!

「あける↓」「あける↑」の横の両サイドをモミモミしながら吸い尽くすと、完璧に飲み尽くすことができます!

ただし、これに慣れてしまうと外出先でも無性に吸いつくしたくなります。ただ、そこはグッとおさえて、そのままそっとカバンにしまって、家に帰って存分に吸い尽くしてください。

ちなみに、オシャレ紙パックは900mlと330mlがあるかと思いますが、900mlボトルの方は、残り汁も多いので、とんでもなく満足感がありますので、ぜひとも900mlの方もお試しください。

テトラパックの回収

オシャレ紙パックは、たぶん全部テトラパックです。このテトラパックですが、なんと学校で回収してくれます、位置づけはベルマークみたいなものです。

特にオシャレ紙パックの内側は、表面加工されているのですが、これがまた高い買取値になるようなので、ぜひ集めて回収に回してみてください。