【広島を走ろう】ランニングコース 可部街道(広島)制覇!

【広島を走ろう】ランニングコース 可部街道(広島)制覇!

可部街道(広島)とは

みなさん可部街道(広島)というのをご存知でしょうか?広島の方はご存知のはずですね。

可部街道(かべかいどう)とは、広島県広島市西区横川町(横川3丁目交差点)から安芸高田市に到る道路。国道54号の現道・旧道であり、
広島市安佐南区中須2丁目以南は国道183号(国道261号重複)、広島市安佐北区大林町から安芸高田市八千代町は広島県道5号浜田八重可部線である。
八千代町下根(上根バイパス北口交差点)以北の国道54号は「歴史街道54」の通称で呼ばれている。
広島市北部と広島市街地を結ぶ幹線道路の一つであるが、祇園新道の開通などで交通量は分散傾向にある。
名称の由来にもなっている安佐北区可部地区(可部駅周辺)での渋滞が激しく、可部バイパスの整備が進められている。
また、八千代町向山・上根の線形不良区間(Ωカーブ)を回避する上根バイパスも開通した。

ウィキペディア(Wikipedia)

JR線横川駅(広島市西区)周辺を起点に安芸高田市(広島県)に至る道路です。

昔から広島の太田川の水運とともに、交通の要所として発達した道です。

今はただの道路となっていますが、広島の歴史的に重要な道路でありました。

可部街道をランニングコースの紹介

まずは可部街道ランニングコースの全容です。

可部街道すべては道が危ないので走ることはできませんが、可能な限り安全な道で行けるところまで行ってみました。

グラフを見てお分かりになるかと思いますが、後半は傾斜がきつくかなりハードなコースとなっております(;´・ω・)

今回の可部街道ランニングコースは人が走れるぎりぎりのところまで行くので、最終的には「八千代町下根(上根バイパス北口交差点)」というところまで行きます。

始点はJR横川駅

JR横川駅を少し西にいったところが始点です。やきやき亭が近くにありますが、おいしいですよ♪

焼き肉の話は置いておいて・・・

183号線を北上します。基本的に歩道があるのでそれに沿って北上します。183号線は交通量が多い割に歩道が狭いく、自転車も通るので気を付ける必要があります。交通量が多いので、排気ガスが非常に気になります。

交通量や排気ガスを考慮して、今回は早朝5時台スタート!

途中分かりにくいのは古市のあたりです。

祇園新道と合流してしまえば、歩道の道幅は大幅に広くなり、大変走りやすくなります。

太田川橋を渡ると、もう可部に入った感じで、少し栄えてきます。

JR可部線可部駅までは割と楽にたどり着くことができます。21キロ走るのが無理な人は、ここでゴールして電車で街まで戻っても良いかと思います。ある程度可部街道を楽しむことができるかと思います。

※この記録当時は、JR可部線はあき亀山駅まで延線していない

本当の楽しみはJR可部駅から・・・

しかし、ここで終わると、可部街道ランニングコースの醍醐味の実は半分も味わうことができません。

この可部街道ランニングコースの醍醐味は、JR可部駅から始まるのです。先に進める人は頑張って進みましょう!

JR可部線は元々三段峡のあたりまで線が伸びていました。現在は敗戦となっていますが、今も線路は残り続けています。

そのため、可部街道ランニングコースは、廃線エリアをめぐることも可能なコースなのです。途中、閉鎖された線路やトンネルに出くわすことになるでしょう。

基本的には立ち入り禁止となっているので間近に接近できる場所はあまりありませんが、興味深いものです。

JR可部駅を過ぎると、傾斜が緩やかに登り始めます。可部街道ランニングコースの中で、ここからが一番きつい部分です。

最終的には最後まで緩やかな登りとなるので、感じとしてはJR可部駅までが30%、残りが70%のしんどさといった感じです。

ガラスの里を過ぎて、さらにグングン進むとゴールです!

ゴールとしては中途半端な感じは否めませんが(笑)これ以上は歩道があまりなく危険なのでここで終了です。

というか、もう足が限界なはずです(´・ω・`)

このあたりは、木陰があり、少し広くなっているのでここでしばらく休憩することができます。

残念ながら、この辺には温泉施設がないので、温泉施設に立ち寄る場合は可部まで戻ります。バス線があるので、サックっと戻ることができます。

可部街道ランニングコースの注意点

可部街道ランニングコースは、ハーフマラソンが走り切れるようになった人向けのコースとなります。

距離的にはちょうどハーフですが、緩やかな上り坂なので実質的には30Km程度の負荷になるのではと思います。坂を走っていて、足腰に自信がある方は挑んでみても良いかもしれません。

可部街道沿線は結構発達しているので、飲み物や食べ物を調達することが用意です。そういう意味では大変インフラの揃ったランニングコースであるかと思います。ただ、それも可部駅を過ぎたあたりから少なくなってきます。

あらかじめ、休憩スポットをマップを見て決めていくことをオススメします。

交通量が多いところを走るので、早朝など空気がきれいな時間帯がオススメです。

可部には食事をとるところも充実しているので、ランニング後の食事も楽しんでくださいね♪