りんりん♪科学博物館最後のイベント@鈴峯女子短期大学

りんりん♪科学博物館最後のイベント@鈴峯女子短期大学

りんりん♪科学博物館

今回、りんりん♪科学博物館 というところに行ってきました。

りんりん♪科学博物館 最終イベント 鈴峯女子短期大学

「んん・・・どこ?」という感じでしょうか。

我々も今回募集を見て初めて りんりん♪科学博物館 というものの存在を知りましたが、前から鈴峯女子短期大学で行われていたようです。

貴重な化石が触り放題!?

何と貴重な化石が触り放題ということで行ってみました。

残念ながら今回のイベントで鈴峯女子短期大学での展示は終了するとのことです。

募集は50組だったそうですが、最終的に60組100名を超える参加者となったそうです。

ラストのイベントということで、学生さんたちが作成したクオリティの高いおもちゃもありました。

りんりん♪科学博物館 最終イベント 鈴峯女子短期大学
りんりん♪科学博物館 最終イベント 鈴峯女子短期大学
りんりん♪科学博物館 最終イベント 鈴峯女子短期大学

建物も取り壊すのか、窓ガラスは自由に絵をかいてもいいという自由さ|д゚)

普段書いてはいけないところに絵を描けるということもあって、子供たちが群がっていました(笑)

「ええっすね、私も書きたいです・・・。」恥ずかしいので書きませんでしたが。

オウム貝の化石

オウム貝の化石!触ったことありますか?聞いて絵で見たことはありますが触ったことはないですよね。結構子供たちに雑に投げられて割れていました(笑)

破壊されることを恐れて、子供の手から離しことで子供はそのものから興味を失ってしまいます。

しかし、今回のイベントで化石に直に触れて、「普通に触れるんだー」と認識することで、科学への障壁が一つ壊されたことが良かったと思います。

ナウマン像の化石
化石
クジラの骨の化石

顕微鏡で藻やエビなどを観察する展示もありました。ミクロの世界は小学校の後半以降でないと見ることができないので、早い段階でで良い体験ができました。

さらに、先生が南極探検隊のメンバーということで、南極の秘密も聞くことができました。

PHS圏内ということが結構な驚きでした|д゚)

りんりん♪科学博物館のお土産

お楽しみのお土産コーナー。

今回は2種類のどちらかをお土産としてもラえます。

  • 化石の石膏レプリカ
  • 猫バス帽子

おそろしくジャンルの違う2種類のお土産ですが、どうも我が家は化石の石膏レプリカの方がよかったようです。

宝物のようにして持ち帰りましたとさ。

りんりん♪科学博物館 お土産
りんりん♪科学博物館 お土産

りんりん♪科学博物館の今後

さて、今回で終了する りんりん♪科学博物館 ですが、今後は合併した修道大学へ引き継がれるそうです。

近いうちに修道大学で展示を見ることができるようになるかもしれません。