キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた カメラセットアップ編

キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた カメラセットアップ編

そろそろカメラがぼろになりました

2010年に ソニーα NEX3 というカメラを購入してそろそろ7年でフォーカスが合いにくくなてきました。

当時7、8万ぐらいして、結構高めなイメージがありました。よくわかりませんが、ミラーレス一眼というものでしょうか。間違っているかもしれないのでご指摘ください(;´・ω・)

背景がぼかせるということで、初心者の自分には今までとったことのない写真が取れて大変興奮したカメラでした。

特にカメラの勉強もせずにすべてオート撮影だったので、結局カメラの仕組みも分からずのままです。

そこで死ぬまでにはカメラの知識位身につけて、初心者を抜け出そうようということで、一眼の購入を決めました。

初心者が買うべきカメラは?

カメラに異常に詳しい神のような同僚には、 キヤノン EOS 5D Mark3 という25万ぐらいの一眼を買う方が売却時も値が落ちないとおススメされましたが、そんな大きな一時金はなりません(>_<)

とりあえず、そこそこの入門機で キャノン EOS kiss x7 というもので落ち着きました

聞いた話ではフルサイズとAPS-Cサイズというものがあり、フルサイズの方がよい写真がとれ、売るときも買ったときの金額からそれほど値が落ちずに売れるそうです。

APS-Cサイズというのはフルサイズの2/3ぐらいの写真の品質に影響する何か板のようなものが入っているそうです。初心者の私にはよく分かりません。

実際に撮影される写真は本体よりもレンズに依存するとのことで、キャノン EOS kiss x7 でも結構戦えるそうです。

キャノン EOS kiss x7 で満足できない課題が出てきて初めて、フル一眼を検討すればよいとのことです。当面出てくることはないそうですが。

ソニーα NEX3 よりは結構安いのに、それなりの品質だそうで、コスパが高く、安物買いの銭失いにはならないそうです。何よりですねヽ(^o^)丿

キャノン EOS kiss x7 は初心者には十分な1台のようです。

キャノン EOS kiss x7を一番安く買えるのはどこか?

キャノン EOS kiss x7 ですが、楽天市場で50,000円程度でレンズが2本ついた、大変お得なカメラキットが購入できます。

キャノン EOS kiss x7 は価格.comで大体46,000円ぐらいでしょうか。楽天だとポイントがえらく付くので結果的に同じぐらいです。

私は5年保証が一番安く購入できた ジョーシン電器 で購入しました。ジョーシン電器は包装がしっかりしています。

毎回思いますが、大手量販店の通信販売は若干過剰ではありますが、包装がしっかりしています。他のものは環境に良くないので箱すら必要ありませんが、電化製品だけは過剰包装でないと怖いですね。

このクッション材は他に利用価値があるので助かります。

キャノン EOS kiss x7 開封の儀

到着した キャノン EOS kiss x7 開封の儀 を行います。

初めて手にする キャノン EOS kiss x7 にウキウキが止まりません。5万円で一眼を手に入れることができる世の中になったことをうれしく思います(^^♪

困りました、ウキウキがとまりません、手が震えます(´・ω・`)

何とかすべて袋から取り出し、ほこりの多いソファーに展開します。箱と袋は売却するときに数千円変わってくるそうなので丁寧にとっておきます。売られる前提のかわいそうな キャノン EOS kiss x7 ・・・。

とりあえず、キャノン EOS kiss x7 を早くカメラっぽい形にしてあげないといけません。

バッテリーは簡単です、裏のカバーを開けて入れるだけです♪

次はカメラのレンズ、これは素人の私でも何となくわかります、白と白を合わせてくるっとねじるのね♪

よし、キャノン EOS kiss x7 セッティング完了♪

最後にストラップです。

・・・

説明書につけ方が書いてない!!当たり前か、こんなの適当につければ・・・いいんだよね?

・・・30分経過

何が正解なんだ( ゚Д゚)

よく見ると説明書の1ページに書いてました・・・30分何だったんだ。

困る人がいないように画像を掲載します(困る人はいないか・・・)。

キャノン EOS kiss x7 で試し撮り♪

セッティング完了したので、キャノン EOS kiss x7 で試し撮りです。

写真が明るい!・・・気がする( ゚Д゚)

写真を見る目がないので鮮明に明るく取れれば満足してしまいます)。

その後もパシャパシャ撮りまくりましたとさ。キャノン EOS kiss x7 と ソニーα NEX3 の違いはまた今度。

「ふぅ、そろそろやめるか」と電源オフしても、レンズが自動で収まりません|д゚)

もう一度電源を入れて、オフすると収まるかと思いきや収まりません。

先っぽが飛び出したまま、戻りません。

あれ・・・シャッター半押しすると勢いよくニョキッと伸びたくせになぜ電源OFFしても戻らんのだ・・・

これは不良品をつかまされたかもしれん(>_<)

ということで、カメラの神である同僚にする連絡をします。

私「師匠!カメラの先っぽが収まらんのですが、どうすれば、不良品の キャノン EOS kiss x7 をつかまされたかもしれません(´;ω;`)」

カメラの神「押し込んだりするとフォーカスリングが痛むからズームリングを回して適切な位置にしてください。ワイド端、テレ端のどちらかに寄せるとそうなるかもしれません。」

専門用語過ぎて何言ってるかさっぱりわからん・・・。

私「ズームリングが分かりませんが、先っぽをつまんでグルグルするということですか?」

カメラの神「えええ??レンズのゴムの部分です。回すと倍率が変わるところ。衝撃的な質問で吹き出しました(笑)」

私「ゴムのところは2か所あって、どっちを回しても倍率が変わります(;´・ω・)」

かみ合わないやり取りを繰り返すとこ数十分・・・飛び出している部分はフォーカスを合わせることろらしいです。

キャノン EOS kiss x7 の下の画像の部分は倍率を変える部分で、クルクル回すと倍率が変わります、すごいですね。

下の画像ははフォーカスをいじるところです。レンズの付け根に「AF」となっていると、シャッターボタンを押すとニョッキと出てきて自動でフォーカスを合わせてくれます。

一方「MF」にすると、自動ではニョッキとされずに、自分でクルクル回してフォーカスを合わせることができます。

キャノン EOS kiss x7 を使いこなすのは、まだまだ先になりそうですね┐(´~`)┌