トヨタ新型 SUV C-HR を買って後悔、失敗した人が多いのか?

トヨタ新型 SUV C-HR を買って後悔、失敗した人が多いのか?

街中でC-HRを見かける機会が増えてきました。試乗無しで予約で買われたということでしょうか。

300万円を超える、それなりの乗り出し価格だと思うので、思い切りの良さを感じます。

検索キーワードでも「c-hr 後悔」「c-hr 失敗」というワードでの検索ワードでこのブログに到達される方がいらっしゃいますが、
既に買われた人か、これから買われる人か気になりますね( ゚Д゚)

前回 「トヨタ新型 SUV C-HR に試乗してこれはないなと感じた話」 で若干辛口のレビューしましたが、他のレビューの方は「十分な加速!」との表現が多かったので、「あれ?」と思った次第です。

そして何となく、考慮が足りなかった部分があるので、それを踏まえて再検討してみようと思います。

C-HRの車両重量

ガソリン4WD G-T
総排気量 1196 cc
車両重量 1470 Kg

この前の試乗時、なんと4人の大人がのっていました(笑)通常は2人かと思いますが、2人多いのです。1人70Kg計算で、通常の試乗よりも140Kg重いということです。

若干、他のレビューされた方よりは不利な条件を強いられたC-HRさんだったわけです。

C-HRにとって140Kgをどう考えるか

通常の1.5L車で標準的な車両重量は1100Kg(カローラ、アクア、ベリーサなど)と考えるとやはり重いと感じます。

エンジンの特性などを考慮しない、きわめて適当な、経理寄りの車素人が計算式なので、ツッコミはなしでお願いしたいですが(笑)、1Kgあたりの排気量の配分は1.363cc/kg。

1.363cc/kg*1100+140Kg=1690cc、ということで、1700ccの排気量割り当てないとだめになります。このクラスの車にとって、140kgはかなり大きな荷物となりそうですね。

きわめて単純計算ですが、大体の車種の最低グレードの排気量と一致する傾向があるので、あながち大外れではない計算かと思います(笑)

今回のC-HR 1.2Lターボエンジンは、2L相当と聞いています。

今回のスーパー大雑把計算式で計算すると、1.363cc/kg*1470kg=2003cc、どんぴちゃりですね。

今回、一般的な試乗とはことなり140Kgの重量が余分なので、

1.363cc/kg*1470+140kg=2194cc、つまり2200cc相当にならないと、他のレビューの方と同じ意見には到達しません。

加速が遅いというのは若干仕方がないのかもしれません(笑)

新ためてC-HRの加速はどうか

スーパー大雑把何計算式からすると、1.2Lターボエンジンというのは他車でいう最低グレード相当の排気量です。

最低グレード相当なので、ストレスなくというわけには全然行かないかと思います。

後部座席の広さからすると、確実に後ろに人を乗せる設計ですよね?

家族4人、5人で乗りますよね?

だとすると、私の感じた加速の遅さは必ず直面するものであり、C-HRは「キビキとスポーティに走る」のではなく、「のんびり快適」に颯爽と街走る車だと思います。

ハイブリットモデルバッテリーの加速への介入の状況を見ても、燃費重視のチューニング感はすごく良く分かります。

プリウスに激しく寄っている走りかと思います。

どうでしょう、乗り出し300万円を超える車が最低グレード相当の加速というのは・・・。

スポーティな外見に惹かれる独身の方にとっては選択肢から外れる1台かもしれません。

しかし、デザイン、足回り、取り回しの良さは極めて素晴らしいので、その部分で妥協できる方は良い車ではないかと思います。

デザインが優れているのでアバンギャルドな街乗りではかっこいいですね。

どこに重点を置くかだと思います

燃費が良く、外見スポーティに、でも家族も載せたいという人には最適かもしれません!