小学校数学で出てくるデシリットルの使い道

小学校2年生の長男が算数のデシリットルで悩んでいるようです。 デシリットル、普段の生活ではなかなか出てこない単位です。よく使われるのは、「1リットル」「1ミリリットル」の2択で事足ります。 デシリットルの使い道が今一つ主張が弱いです。
現在、デシリットルが使われる局面は限られているので、実際問題小学校で教育する必要もない気がします。 「いや、理系学部では必須な単位だ」 「豆類の計量で必要だ」 とか反論はありそうですが、「1デシリットル」は「100ミリリットル」と言えばいいし、「10デシリットル」は「1000ミリリットル」大きいと思えば「1リットル」と言えばいいわけです。10の階乗の表現の違いだけで表現できるわけです。 「総コレステロール(T-chol) 120~220mg/dl」などで、「ゼロが多くなったり少なくなったりで読みにくい。」という文脈で「デシリットル」に使い道があるということであれば、「センチリットル」「デカリットル」「ヘクトリットル」も同じように使い道があります。 ちなみに「センチリットル」はよく飲んでいる飲み物には「75cl」と記載されていたりします。「センチリットル」は「デシリットル」よりはお目にかかる機会が多いですね。私には「デシリットル」よりも「センチリットル」の方が親しみがあるので学校で教えてほしいものです。 と、何だかんだ言っても長男にとってはどうでもよいことなので、効率よく受験方式で単位間の関係を教えてあげました。お金の関係と同じだと教えてあげるとすんなり理解していました。10個集まると上のランクに上がれるわけです。 使わない単位だからと言って、中途半端にデカリットルなどを抜くと、混乱するのですべて教えてあげました。
単位読み 数値 10階乗
キロリットル 1,000 103
ヘクトリットル 100 102
デカリットル 10 101
リットル 1 100
デシリットル 1/10 10-1
センチリットル 1/100 10-2
ミリリットル 1/1000 10-3
お金も同じように10個集まると上の硬貨にランクアップするわけです。身近な例に例えてあげましょう。 「1円が5000枚=シンカリオン H5はやぶさ1個買える」 「10円が500枚=シンカリオン H5はやぶさ1個買える」 「100円が50枚=シンカリオン H5はやぶさ1個買える」 「1,000円が5枚=シンカリオン H5はやぶさ1個買える」
単位読み 数値 10階乗
1,000円 1,000 103
100円 100 102
10円 10 101
1円 1 100