カキ食べ放題!マラソンもカキも大好きな人のための最強のマラソン大会

カキ食べ放題!マラソンもカキも大好きな人のための最強のマラソン大会

広島といえばカキ、カキといえば広島?
そんな広島にはカキ食べ放題の最強のマラソン大会があります。

江田島市かきカキマラソン大会とは

江田島という広島市から船で40分ほどの、割と近い島でこのマラソン大会は開催されます。毎年大変な人気のため、受付開始から数日で受付終了となる最強のマラソン大会です。

江田島市かきカキマラソン大会

江田島市かきカキマラソン大会 応募

4日ぐらいで締め切りとなります。参加すると決めたら、締め切り前に行動する必要がありますが、応募開始の当日に申し込めば絶対間に合うとは思いますよ。

心配性の私は、応募開始した日の朝8時には申し込みをするようにはしています。

クレジットカードだとすぐに確定できるので便利ですが、コンビニ払いでも予約できれば席はキープされるようです。もちろん期日までに支払えば、締め切りを過ぎていてもちゃんと申し込みできていますので、ご安心を。

直近の開催日は、以下の通りです。
第40回江田島市かきカキマラソン大会 2017年3月5日(日)
第39回江田島市かきカキマラソン大会 2016年3月6日(日)
第38回江田島市かきカキマラソン大会 2015年3月1日(日)
第37回江田島市かきカキマラソン大会 2014年3月2日(日)

江田島市かきカキマラソン大会 参加費用

参加費用は、大人一般3500円、宇品港からのチャーター便往復1800円、合計で5300円となります。

島で開催されるので、割と交通費がかかります。車でも行けますが、駐車場500台の競争倍率がかなり高いので、車は避けた方がいいかもしれません。

ちなみに、カキメインで考えている場合は、断然牡蠣小屋に行くことをオススメします。値段、味、食べられる量も、すべてカキ小屋の方が上です。

江田島市かきカキマラソンは、「マラソンとカキ両方が好き!」という、レアな人向けの神イベントとなっています。

最後の抽選では割と高い確率(1/100)で剥きカキが当たります。当たると最高ですが、まだ当たったことはありません・・・。

江田島市かきカキマラソン大会 荷物置き場

荷物は小学校の体育館に置きますが、当然1700人の参加者全員分の荷物は入りきらないので、体育館の外にも置きます。
雨天の時は軒のあるスペースは側溝埋まるので、ぎりぎりに行くとつらいです。

江田島市かきカキマラソン大会 マラソンコース

私は毎回3キロを走るので、ちょっとコースはよく分かりません(笑)

かきマラソンでかきを満喫するには、10キロ本気で走ると、吐き気のせいで満喫できませんので、ある程度セーブする必要があるかと思います。

記憶の限り・・・コースとしては往復コースです、アップダウンがあるので割としんどいです。

ちなみに、特に記録は測定されないので、自分で完走証書に時間を書く形式です。

江田島市かきカキマラソン大会 カキの質

一度蒸したものを焼くので、温め直す感じです。うまみは十分ですが、焼きかきにはどうしても及びません。人が多いので、冷たいまま提供されることが多いです。

江田島市かきカキマラソン大会

一度蒸しているので一応は大丈夫ですが、やはり温かいのがおいしいです。

味も、何もなしで十分おいしいですが、調味料は持っていくのがオススメです。20個超えたあたりから、どうしても味に飽きてきます。

レモン汁、ポン酢、オリーブオイル、七味、大葉辺りがあるとかなり楽しめると思います。

飲み物も必須です、お酒が飲みたい人は、ビールなど持参すると良いと思います。

江田島市かきカキマラソン大会 食べる環境

とにかくですね、人が多いです。

始まった直後だと、食べたくてもありつけけません。並ぶことになりますが、なかなか前が空くことはないので、それなりの度胸で人をかき分けて進む必要があります。でもでも、度胸がない人でも10個は食べれますよ(笑)

女性だと、先頭の網目の前のスペースを譲ってくれて、かき食べ放題モードに入れる可能性が高いです。
女性の方は「ここにいるよ!」とぜひともアピールしてみるといいでしょう。

ちなみに、ねらい目は、みんながある程度、おなか一杯になったぐらいです、開始1時間ぐらいでしょうか?そのころには、各テント誰もいなくなる。焼いているもの食べ手がいないので焦げ始めます。

牡蠣は十分残っていたので、楽に食べたい人は、残り物を狙うのもありかもしれまえん。

あと、雨天の場合はかっぱを着て楽しむことになります。人が多く、また狭いので、傘をさすと危ないので、傘厳禁です。焼き場はテント内にあります、運よく入れれば良いですが、たぶん絶対に入れません。雨が降ったら、かなり過酷な状況となるので覚悟が必要です。

江田島市かきカキマラソン大会 江田島へのアクセス

車で行こうとすると競争倍率高いです。そのため、チャーター便がオススメなのですが、時間が微妙です。

選択肢は「早便」「遅便」の2便ありますが、先の便で行くと、開始まで時間があまりまくります、荷物スペースは確保できるのですがね。

帰りは先の便だと、食べ終わってそこまで時間がないので、残り物を狙うパターンの人は遅い便を取る必要あります。
あと、帰りは何本か出ているので、遅い便を予約していても、時間まで待たずとも予定より早めに乗れるようです。

  1. 早便:行きは早すぎ、帰りは最適。
  2. 遅便:行きは最適、帰りは遅すぎ。ただ、残り物を狙う人にはGOOD

江田島市かきカキマラソン大会 考えられる最善の楽しみ方

私が考えるベストな楽しみ方は、遅い便でチャーター便を確保し、開始直後に食べ始めるのではなく、ライバルたちが満腹となって脱ランクした段階で、余裕でサクサク食べるパターンです。

そうなると、漁協の方も専属で焼いてくれることになるので、あつあつを次から次へといただくことができます。