広島で続々と店舗を増やす注目のうどん屋 讃岐屋

広島で続々と店舗を増やす注目のうどん屋 讃岐屋

2月末で讃岐屋さんの商品券の有効期限が切れるということで、行ってきました。

讃岐屋の商品券

昨年末ひょんなことから商品券をGETしました。

年末に、年越しそばの予約を2,000円以上すると、1,000円の商品券を贈呈という折り込み広告が入っているのを見ました。

つまり、半額で年越しそばが食べられるということです!

こんなお得な情報には乗らない手はありません!

ということで、大体2,000円になる範囲で持ち帰りそばを購入して、商品券をGETした次第です。

讃岐屋の汁のおいしさ

讃岐屋の持ち帰りメニューですが、あなどっておりました!!

持ち帰りのメニューなんて、麺を温めなおして微妙な仕上がりになり、味気ない袋の添付の汁をかけるというものを想像しておりました。

しかーし、讃岐屋の持ち帰りそばは今までの持ち帰りのイメージを払しょくするものでした|д゚)

麺は結構そば粉が多めに感じられるモチモチ麺、さらに袋汁であるが、独自調合されたと思われる結構濃厚な絶妙なバランスの汁。

持ち帰りでこれほどの実量とは恐れ入りました。

讃岐屋店舗で初めて食べるうどん

今回、商品券のおかげで、初めて讃岐屋で食べる機会を得たわけです。

うちの近くに最近新しくできたばかりなので、店舗もかなりきれいです。

店の前にはちょっとした庭園が・・・

今回は讃岐屋名物うどん「スタミナうどん」を頼んでみました。

スタミナうどん 730円(税込み)

スタミナうどん・そばの歴史

創業当時からの讃岐屋を代表する人気商品。

創業者の父親が大分県で小さなうどん屋を経営していた際に発案。

地元の住民の方から口コミで評判となり、数年後、創業者の地元広島でのオープン時に商品化をいたしました。

スタミナうどん・そばのこだわり

麺は通常の約1.5倍。

こだわりの出汁に豚肉・海老・野菜・にんにくの旨味がしっかり溶け出し最高の相性に。

とろみを少しつけ、心の奥から元気になる一杯です。

創業以来、約300万食以上の販売の大人気商品です。

スタミナうどん・そば:讃岐屋

大変興味深いですね、スタミナうどんは大変歴史があるようです。

スープはニンニクがよく利いています。うどん汁ににんにくという概念はなかったので、この組み合わせははっきり言って意外です。

あんかけうどんなので「あっつあつ!」猫舌の人には当分食べられません(笑)

そして、お味は・・・とてつもなくおいしい!、そして温まる!名前に偽りなしですね。久しぶりに自分の中のHIT商品を見つけてルンルン♪です。

讃岐屋ということで腰の強い面を想像しておりましたが、麺の腰はさほどありませんでした。

とんかつ特海老天 890円(税込み)

とんかつ特海老天 は欲張りさん向けのメニューです。大盛(2倍、150円プラス)にすると、とてつもない量になります(>_<)

色々と気を付けてください。

最初はぶっかけでうどんをいただき、最後は〆にご飯を投入します。汁は全部食すことになるので塩分が気になります(笑)

今回は温麺で提供してもらいましたが、ぶっかけなので冷麺で腰の聞いた麺をいただく方がよりおいしいのではないかと思います。

讃岐屋の商品券は再び?

今年も年末には商品券GETのチャンスがあるのではないかと思います。

半額相当の商品券は大変魅力的です。味もおいしいのでおススメです。

折り込み広告が入らない方は、忘れないようにリマインダー登録しておいてください!