キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた これはすごい!スピードライト430EX Ⅲ-RT

キャノン EOS kiss x7 をカメラ初心者が買ってみた これはすごい!スピードライト430EX Ⅲ-RT

キャノン EOS kiss x7 を買って、2週間ほどたちました。

ぼちぼち触ることによって、絞りやシャッタースピードことなど、ぼんやり分かってきました。
ただ、それ以上ではないので、難しいことを言われると「???」になります(;´・ω・)

そんな私が、キャノン EOS kiss x7 の付属品として買ってみて、超絶おススメすしたいものがあるので紹介します。

それは「スピードライト430EX Ⅲ-RT」です。

スピードライト430EX Ⅲ-RT とは

ストロボです。キャノン EOS kiss x7 には既に内臓のストロボがありますが、光量が極めて弱く、「デジカメのスナップショットでっす♪」みたいな、微妙な写真しかとれません。

これでは室内で撮れる写真の幅が大幅に狭まります。室内だけでなく、外でもわざと逆光を生かした、素敵な写真が撮れないことを知りました・・・(;´・ω・)

夕日とか桜と青空の美しい写真撮りたいですよね。

それに、室内だと、本当に蛍光灯の影がハンパない!

いろいろ室内で撮影していますが、どの角度にしても室内撮りはきびしいのが現状です。

こんな感じで、色の再現性が悪く、暗く、さらに影がばっちり入ります。ホワイトバランスの調整もいりますし、明るくしようとして、ISO感度を上げて光を増幅させても画質の劣化は避けられません。

そこで、スピードライト430EX Ⅲ-RT の登場です!

キャノン EOS kiss x7 に装着すると、よりプロっぽくなりました。

ただ、キャノン EOS kiss x7 だと、世界最小サイズなので横幅がなく、妙に見栄えが悪くなったりします。慣れるしかないですね。

ちなみに、スピードライト430EX Ⅲ-RT は首がよく回る子で、いろいろな方向に向けることができます。

天井やら横の壁やら前の壁やらいろいろ反射させることで、まるで外で撮影しているかのような写真が撮れるようになります。

実際にどれくらいの違いがでるか試し撮りしています。すべて標準設定です。

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 未使用時

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 使用時
明るく、色も現実のものに限りなく近くなりました。

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 未使用時(内臓ストロボもなし)

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 使用時
ぎらぎらした光ではなく、柔らかな光に包まれている感じです。

ともに、スピードライト430EX Ⅲ-RT の調光補正は標準ですが、これだけの違いがでます。

調光補正をプラスに振ることで、より明るく影のない写真になるかと思います。

追記~2017/04/08

素人の私は、今日初めて白い背景をとるときは、キャノン EOS kiss x7 の露出補正が必要ということを知りました。

白いものをとるとカメラは反射率18%のグレーとなるように調整するそうです。要は白いものがグレーとなるそうです。

白いものを白くとるために今回は露出補正を1段階プラスに振って、取り直しました。調光補正も影をより消すために、プラス1振りました。

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 未使用時(内臓ストロボもなし)

・スピードライト430EX Ⅲ-RT 使用時

調光補正をプラスに振ったので、かなりいいですが、なんかグレーですね(笑)

私にはこれ以上、どうしようもないので、勉強してまた追記します。