スーパー激戦区の広島で生き残る店 生鮮食品おだ の驚異的安さと鮮度!

スーパー激戦区の広島で生き残る店 生鮮食品おだ の驚異的安さと鮮度!

今日は地域のスーパーマーケットで戦利品があったのでご紹介します(*^_^*)

広島のスーパーマーケット事情

みなさんご存知でしょうか、広島は日本でも最もスーパーマーケットの競争が過酷な地域です( ノД`)

大学専門科目で使用するマーケティングの教科書にすら広島のスーパーマーケット事情が掲載されていました。

西日本の方はご存知かとは思いますが、フレスタというスーパーマーケットがもっとも知られているかと思います。

他にも

  • ユアーズ
  • ナイスムラカミ
  • イズミゆめタウン
  • マダムジョイ
  • エブリイ、業務スーパー
  • スパーク
  • 万惣、マルシェー
  • マックスバリュ、ザ・ビッグ

などなど多くのお店があります(順番に意味もなく他にもあります)。

しかし、他にも中小様々なスーパーマーケットが乱立しており、そこで生き残っているということは、全国レベルであることを意味します。

激安スーパーマーケット 生鮮食品おだ

生鮮食品おだ はあまり店舗数は少なく、福山を拠点に、出雲、ここ広島東区ぐらいしかなく、片手で数えることができるのではないかと思われます(笑)

というか、ホームページが今の時代でもないようですね(笑)

弁当も種類が多く、工場で作られたものとは違って手作り感があって好きです。

あと、生鮮食品おだ の海鮮は結構善戦していると思います。

本拠地が福山ということで広島県と岡山県の境目です。

その関係か、広島の他のスーパーではお目にかかれない種類の魚もあります。さわらの刺身がいつだか売っていたような気がします。

「岡山では普通に売ってるのに、広島ではないなー・・・」と思っていたので驚きでした。

昔の記憶でなんですが、カキも岡山の「日生」か「虫明」産だったような気がします(間違っていたらすみません)。

タコも多くはモーリタニア産などで国産のものは数少ないですが、ここでは下津井のタコが売られていました。

全国的に県境に本拠地を置くスーパーには、両県の海鮮が置かれる傾向があるようですね。そういった魚を目当てに行くのも楽しみがあって良いかもしれません(^^♪

私は海鮮の目利きができないので分かりませんが、義理の母も「おだの魚は良い」と言っているのを聞きます。

そして何より、基本的に安いのですが、いくつかの商品は破格なので助かります。

今日の戦利品

で、生鮮食品おだ で何を手に入れたか!?

カルビーポテトチップス合格する梅の画像

「なんだ、お菓子かよ」と思わないでください(笑)

カルビーのポテトチップスですが、ここまで安いのを見たのは初めてです。

お値段なんと、48円(税込み)!!

カルビー60gシリーズは、イオンでは95円周辺、東区周辺のお店でも68円が最安かとおもってましたが(私が知らないだけかもしれませんが)、それを超える破格!

「カルビーポテトチップス合格する梅味」明らかに、時期の商品ぽいので、もうすぐ受験シーズンが終わるので安いのかもしれませんが。

トーハト厚切りポテトチップスあみじゃが

生鮮食品おだ は店舗は少ないので見かけることはほとんどないかもしれません。

ただ、全体的に底値周辺で販売されているので(物によりますが)、横を通った際は「あ、おだだ!」と言って、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。「あ、おだだ!」は舌を噛みそうなので、あらかじめ練習しといてください。

生鮮食品おだ について補足

生鮮食品おだ で印象が良かったことがあるので補足します。

本日買った商品で不備があったのですが、電話するとすぐに返品返金という話になりました。

ただ、家が少し遠いということで、現金書留を送っていただけることになりました。

マニュアルがあるのかもしれませんが、こういう素早いは好印象で、また行ってみたいなと思いますね(*^_^*)