【Linux豆知識】FTPでシンボリックリンクが見えないときにすること

【Linux豆知識】FTPでシンボリックリンクが見えないときにすること
Linux豆知識

FTPでシンボリックリンクが見えない

FTPでシンボリックリンクが参照できないときがあります。

chrootのセキュリティによるもので見えないことは逆にセキュリティが高いということで喜ぶべきことかもしれません。

chrootはシンプルで安全な仕組みなので、「設定を無理やり変更して対応」というのはできなくはないですが、やめた方が良いかと思います。

設定したことも忘れさってしまって、忘れたころに重大なセキュリティリスクになりかねません。

シンボリックリンクではなくmountすることで対応

別にシンボリックリンクにしなくても、単純にmountすることで当初の目的は達成されるかと思います。

mountだと、セキュリティを損なうこともありません。

さっそくシンボリックリンクを解除してmountしましょう

まずは作ってしまったシンボリックリンクを削除しましょう。

シンボリックリンクを削除するときに間違って、実態も削除することがよくあるそうです。

ええ、実際あります(>_<)

よくある「crontab -e」やりたいのにタイプミスして「crontab-r」するみたいな感じですね。

とても便利ですが、一瞬ですべてを失うとっておきの呪文「バルス」のようですねー。

あえて、rmコマンドで削除するまでもありません。

rm は間違って実態を消してしまうリスクがあるので、無難にunlinkしましょう。

unlink /home/yasumono/リンクフォルダ -s

これでシンボリックリンクが解除されました。

次にマウントポイントを作成します。

mkdir /home/yasumono/マウントポイント

マウントポイントができたら、あとは実態をmountするだけです。

mount --bind {デバイスファイル} {マウントポイント}

これで無事FTPにて参照できるようになります。

再起動時の注意点

ただ、これだと再起動時にmountされないかと思いますので、fstabへの記載をする必要があります。

再起動時に「あれ、見えない!?」とかならないように、忘れっぽい人は設定しましょう。