スマホ月々割りが切れたらゲーム終了、切れる前に行動しましょう!

スマホ月々割りが切れたらゲーム終了、切れる前に行動しましょう!

2015年秋ごろ、iPhone6sが発売され、iPhone6が安売りとなりました。

各社キャンペーンをやっていて、2人でプロバイダを乗り換えると、端末代0円、さらにキャシュバックということをやっていました。当時乗り換えた人はそろそろ、2年縛りの契約が解ける頃かと思います。

私もそんなキャンペーンに乗ってiPhoneに乗り換えた一人ですが、少し事情が違います。

妻はガラケーで満足する人だったので、2人セットのキャンペーンには興味なく、
私一人で乗り換えせざるを得ませんでした。

あちこち走り回った結果、2人ほどのメリットはありませんでしたが、何とか端末代0円を勝ち取ることができました。

auへの乗り換えだったので、月々割りによる割引の恩恵を受けることはできました。

その額なんと月々2,445円!結果として、ひと月あたり 3,500円 程度の支払いとなりました。これは結構あたりだったと思っています。

auの月々割りバンザイなのです\(^o^)/

以下、auにおひとりさまでMNP移転して、もうすぐ2年縛りが解ける人向けの話です。

新たな選択肢

当時の私は、2年縛りの契約が切れるタイミングで解約して、ドコモかソフトバンクに移動しようと考えておりました。

しかし、1人で移動するとなると、どちらのキャリアもあまりお得でありません。こんなことなら無理やりにでも2人で移動しておけばよかったと、後悔・・・。

そして、WIMAXも使用しているので、auスマホでないと月々割引が適用されません。どうすればauのままで、料金の値上げを避けることができるか、悶々としていました。

そんなある日、ひょんなことからキャシュバックを行っている店舗を見つけました。ちょうど2か月ほど前でしょうか、2年縛り契約から1年4ヶ月経過した頃でした。

auの月々割りが切れる恐怖

2年縛りの契約が終了すると、月々割りの適用がなくなり、毎月2,445円高くなります。
これは大変痛いです。月々割りがないと、何のお得感もありません。

auは月々割りがある分、他のキャリアよりも大変お得だと考えます。

そして、私の場合WIMAXの利用割引約1,000円があるのですが、au以外では割引が適用されません。そのため、キャリア移動するのは大変もったいないです。

そこで、auに確認してみたところ、端末を機種変更すれば月々割りが復活するというのです!

これは、俄然、期待が膨らみます。

キャッシュバックキャンペーンとiPhone下取り

今回の店舗は、5,000円程度の商品券でのキャッシュバックがあり、さらにauはiPhoneの下取りもしているということが分かりました。

キャッシュバックが5,000円というのは、「安いなー」と思ってしまうのですが、機種変更なのでそんなものでしょうか。ないよりはましと思いました。
さらに、下取りすることで、新しい端末代の一部として充当することができます。

iPhone6であれば25,280円で、電源さえ入れば下取りしてもらえます。
画面がバリバリに割れていても良いそうです。

私のは昨年新品になったので(詳しくは iPhone6の温度警告が消えなくなり、その後残念なことになったので解決までの経緯をまとめてみた )、新品同然だったので、少しもったいない気はしましたが、ネットでは美品でも28,000円だったので
別に下取りで大幅に損をする感じではありません。

選択できるiPhone

あとは端末の値段次第です。iPhone6のスペックに満足していたので、維持費さえ現状維持されれば、何でも構いません。防水も別にいりません。

iPhone7、iPhone6s、iPhoneSEのどれかが選択できますが、端末代を押さえるために、iPhone7は却下です。また、iPhoneSEは大変扱いやすいですが、画面が小さいの却下です。

結果、iPhone6sとなりました。端末のお値段は56,000円です。さらにiPhone購入割引というものが適用されるので、10,800円引かれています。

iPhoneを機種変更するうえで注意すべきことをまとめました

以下の点に注意しました。

キャリアはauのまま

先にも記述しましたが、独り身で他のキャリアへの移転はお得ではありません。そして、WIMAXの月々の割引があるのでキャリア移転はありえません。

2年契約の途中で変えるので、月々割りが微妙になる保障があるか

月々割りが切れるタイミングで解約料を払ってでも損をしないプランかどうか。

これは重要です。2年縛り契約が解けて契約解除する人は、月々割りが切れたタイミングできれいにやめれるので、何も考えなくていいです。

しかし、自分のように2年縛り契約の途中で機種変更した人は、2年縛りの契約月でぴったりやめると、契約解除の違約金は発生しませんが、月々割りの恩恵を最後まで受けることができません。数か月分無駄にしてしまいます。

また、月々割りのサポートが切れたタイミングで、契約解除すると違約金が取られます。
そのため、契約解除料も含めてシュミレーションをしないといけません。
結果、お得でなければ、機種変更すべきではありません。

私の場合、5,000円のキャッシュバックは安い、解約違約金を負担できるぐらい増やせないか交渉しました。その結果、5,000円が12,000円まであがりました(笑)

旧iPhoneと同じぐらいの月々料金にしたい

同じでなくても、そこまで上がらなければOKです。

で、私の場合は以下のようになりました。2017/2月から受けられる割引額は私の計算では以下の通りです。

私が妥協した金額

・24ヶ月で受け取れる割引額:20,880円

 iPhone費用:iPhone 56,000円

 一時割引:キャッシュバック 47,000円(10,800iPhone購入割引+25,280下取り+12,000キャッシュバック)
 月々割引:1,245円
 

キャッシュバックの部分は今後どのように振れるか予測できないので、とりあえず、もらえただけよしかなと思います。それと、何より、月々割りを24ヶ月分確保できたので良かったと思いました。

機種変更することにより、トータルで受けることができる割引額がイイ感じになったので、契約してしまいました。

考慮が漏れていたこと・・・

実は、最近になって気づいた大失敗があります。

それは機種変更すると、auかえる割りPlusが解除されます。これはMNPで移転してきた人に付くものですが、2年間、月々934円が割引になるものですが、機種変更と同時に廃止されます。

私の場合、担当者が不慣れで、この説明を受けていなかったため、大失敗となりました(´;ω;`)

一応契約書には、解除される旨書いているので、確認不足の私が悪いのであまり言えません。

でもでも・・・悲しいことばかりではありませんでした。

iPhone6からiPhone6sになることで、ありえないぐらい使い心地がよくなったのです!結構満足はしています。アプリをバックグラウンドにしても全然落ちなくなりました。

特に白猫関係のゲームですが、どれだけアプリを立ち上げてもバックグラウンドでkillされることがなくなりました。メモリ搭載量が2倍なので圧倒的な違いです。

私の失敗を受けて、今後機種変更する人はどうしたらよいか

私の失敗を受けて、考えられる最善のやり方を検討します。

タイミングとしては、新型iPhoneの発表前位に、機種変更のがいいかと思います。今生きている月々割りと、auかえる割りPlus を、どれだけ長い期間生かせるかが重要かと思います。

既に月々割りが切れてる人はすぐに機種変更しましょう(笑)

ただし、月々割りを生かすために、契約月直前まで待っている、今度は新型iPhoneが発売されてしまいます。そうなると、旧iPhoneの端末代金は下がるかもしれませんが、下取り価格やiPhone購入割引も一気に下がります。

旧世代iPhoneの設定を見てみると、もろもろ半分ぐらい?になっているようです。いつ金額変更が入るのかはよく分かりませんが、ウォッチしておかないとまずそうです。

iPhone購入割りに至っては、2世代前のiPhoneの場合、16GBには適用されず、64GBのみに適用されたりと制限まで発生するようです。これはイタイ(>_<)

キャシュバックも全然読めません、店舗によって違うかと思います。今後キャッシュバックに力を入れることが難しくなってくると、良いキャシュバックを見つけ次第、検討する必要があるかもしれません。

契約した月が新型iPhone発売の月よりも後の人は、私のような悩みにぶち当たるかと思います。いっそ、私のように、契約月以外で機種変更して、解約違約金を含めてキャッシュバックをもらうことで月々安心の月々割りをゲットするのもありかもしれません。

auかえる割りの月々934円がなくなることがどうしても嫌な人は、別キャリアへ移ることも選択肢に入ってくるのかなと思います。

私はそこまでスマホに詳しくないので、制度や金額面で間違いがあるかもしれませんので、au公式ホームページでご確認ください。

以上、おひとりさまでauにMNP移転して、契約月以外で機種変更して失敗した人のお話でした、バイバイ。