子供の工作に大人が本気を出してみた結果 パート1

子供の工作に大人が本気を出してみた結果 パート1

本日、うちの年長さんが最新の工作をリリースしました。

今までとは作り方を変えてみたとのことで、日々クオリティが上がっています。

これを見て、「パパがもう少し手直ししてあげよう!」ということで、何やかんやあって、結局大人が作ることになりました(・_・;)

作るからには大人の威厳を示さないといけません。

本気で挑ませていただきます(^^)/

工作をする上での条件

本気を出すといっても、塗装をしたり、装飾テープなのできれいにしあげようなどというのは反則です。

正々堂々、家にある段ボール、厚紙、牛乳パック、色紙だけで勝負する必要があります。

大人の金の力に頼ったら、その時点で負けです(>_<)

目指すはプラモデル並みのクオリティを出して、圧倒的差をつけて子供を打ち負かし、子供からの尊敬のまなざしを受けるのです!

まずは船のボディの骨格作り

私はシステムエンジニアです。



システムエンジニアあるもの、モノを作るには綿密な設計図を作成し、ミリ単位の誤差もないようにする。

そんなものはいりません!!!

私は文系システムエンジニアなので、直感と自分の芸術性のみを信じて突き進むだけです(行き当たりばったりのこと)!

実際の仕事もそんなところです。やって砕けろデス!

今回は子供に対抗して、船作り造船です。

造船は得意です。

何度か船に乗ったことがあるので、もう勝ったも同然ですね(^^♪

ベースはやはり強度の高い、牛乳パックですね。

どやー(´ー`)

この辺りから、子供の食いつきがハンパなくなります(笑)

既に尊敬のまなざしで見られているので、当初の目標を達成してしまいました。

ここで終わると中途半端すぎるので、引き続き進みます。

装飾

寸分の狂いだらけで、ベースが完成しました(>_<)

これではダサいので、きれいな裏紙を巻いて装飾していきます(裏紙の時点できれいでない)。

装飾の割に小汚い仕上がります(´;ω;`)

これではだめです、あと凸凹しすぎです。

ベースのクオリティをあげる引っ越し用養生テープ

ここでひらめきました!

もう後戻りはできないので、凸凹を修正するのに、弾力性のあるテープを使いましょう!

うわぁ、微妙(・_・;)

これは何か手を打たないと、ごみができてしまいますね・・・。